葬儀に参列できない時にできることとは

元上司の葬儀に参列できないので、参列できない場合でもできる対応はないかと考えました。

その対応はいくつかあって、香典を送る、弔電を送る、供花、供物を送ることなどです。

【関連記事】妊娠中の訃報の知らせ……お葬式は参列する?

・葬儀に参列できない場合のお悔やみの伝え方

遺族にお悔やみを伝える方法の一つに、香典を送ることが挙げられます。

代理の人にお香典を預けて参列してもらおうかと考えましたが、他の人とはあまりつながりがないため、代理を頼むのも申し訳ないと思い、郵送することにしました。

・香典の郵送の仕方

香典は現金ですから現金書留で郵送します。

香典袋に入れて現金書留で郵送しましょう。

私は香典袋に香典を入れ、一言メッセージも入れて送りました。

この時、注意したいのが遺族の方が香典を辞退していないかです。

最近は香典を辞退する葬儀が増えていますから、送る前に必ず確認したいものですね。

・後日持参しても

香典は後日持参しても問題はありません。

近くであれば持参することも考えましたが、やはり遠方のため、郵送を選びました。

その他には弔電を送ったり供花や供物を送ることも考えられますが、供花や供物は香典と同じように辞退されるところもあるので、事前に確認した方が良いですね。

葬儀に参列できない場合でも、弔意を伝えることはあります。

どの方法が良いかを考え、弔意を伝えるようにしたいですね。

お世話になった上司ですから、本来は参列したかったのですが仕方がありません。

私なりの弔意は伝えられたかなと思います。