葬儀に参列できない場合の供花や盛籠の送り方

葬儀に参列できない場合、香典や弔電を送る方法がありますが、供花や供物(盛籠)を送ることも可能です。

会社関係や友人は供花を送り、血縁関係であれば盛籠を送るのが一般的なようですね。

供花や供物の送り方について知っておきましょう。

・供花、供物の出し方

葬儀に参列できないために供花、供物を送る場合は基本的に供花、供物は葬儀の会場や葬儀社に申し出るようにします。

香典を送った場合、供花は必要ないと言われており、香典のみか供花のみのどちらかになります。

供物については、地域によって贈るものが決まっていたりするので確認することが大切です。

最近は、供花、供物は辞退しますという葬儀が多いので、事前に確認しておかなければいけませんね。

・宗教ごとに内容が違うので注意

供花、供物は宗教ごとに内容が違います。

仏式の場合、供花は白や黄色の菊、ユリ、カーネーションなどで供物は線香、ろうそく、果物、お菓子です。

神式の供花は仏式と同じで供物は海産物、酒、菓子、果物です。

キリスト教式なら供花は白い花で供物はありません。

宗教や地域によってしきたりがありますので確認することが大切ですね。

間違って贈ってしまったらマナー違反と言われてしまいます。

・わからない時は専門家に聞く

葬儀のマナーはわからないことも多く、知らずにしたことがマナー違反となることがあるかもしれません。

わからないな、不安だなと思うことは葬儀の専門家に聞いてみると良いでしょう。

最近ではインターネットでそういったサイトがありますので、尋ねることができます。